一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.08.04 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

フィギアにポーズを組ませる方法は人それぞれだと思いますが、結構難しいと思います。
慣れない内はなかなか思うような位置に定まらなくて大変苦労します。
今でもすぐに思い描いたポーズをつけられるかというすぐには出来ないですね。
ポーズプリセットを使ってそこから編集するのは前回の記事で紹介しましたが
本日はゼロからのスタートでやってみましょう。
例としてゼロフィギアポーズから胸のおっぱいを手の平で覆い隠すというポーズです。
設定として関節ロックはフリー(Edit > Figure > Limites off)
インバースキネマチックスはONの状態です(Edit > Figure >Inverse kinematics Enable Ikにチェックが入っている)
まずは基本のおさらい。ゼロフィギアポーズのとりかた。
一番簡単な方法として、フィギアをさわりキズモ(XYZ矢印)の左にある人型のアイコンをさわると
メニューが出てくる。Restore figure poseを選択するとゼロフィギアポーズになる。

腕回りをポーズさせるときCOLLAR(肩)を先にポーズは決めない方がやりやすい
たとえば、最初慣れない内はこんなポーズはよくやる光景ですがCOLLARからではポーズはつけにくいし、わかりにくい。

また、部分的な関節だけをゼロフィギアに戻す場合は
Restore selected item poseを選択すればその部分のみがゼロに戻ります。

では、胸のおっぱいを手の平で覆い隠すというポーズの説明になります。
まずはゼロフィギアポーズ、上面ビューで右手のHANDをさわる。

そのままキズモを掴んで胸の辺りにまで寄せてくる

Perspective viewに切り替えてRight shoulderをさわり、パラメータタブの
Twistのスライダーを少し動かす(胸に近づく方向に寄せる)

Right force armをさわり、Twistのスライダーを動かす(胸に近づく方向に寄せる)

RH handをさわりキズモを掴んで胸にざっくり寄せていく。
細かい調整はパラメータで合わせていく。

RH handを選択した状態でパラメータタブpose controlesの
Right hand Graspのスライダーを動かし、掴む仕草をつける。
指のそれぞれの関節を微調整しておく。ここまでで右手は終わり。

次に左手はEdit > Figure > Symmetryを選ぶとSymmetryウインドウが立ちあがる
パラメータは下図を参考にしてください。

Acceptさせると左も同じポーズがついた。

作成したポーズはプリセットポーズで保存しておく。

以上でした。
JUGEMテーマ:3D CG


 


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

おすすめ

ブログランキング

アクセスランキング

Archive

Recommend