一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.08.04 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

作品の良し悪しは照明の効果によるものが大きい。
daz studioに実装されている照明だけでは、クオリティに限界がある。
とまで言い切るほど私は使いこなしているわけではないが、
LIGHT関係はお金出す効果は的面にあるということ。
まあ、楽して作品のクオリティを上げることができます。

本日紹介するのはAdvanced DAZ Studio Light Bundleの
ambience light,distance light,spot lightの3つが入ったお得盤です。

まずはambience lightの効果を検証していきたいと思います。
ambience light(環境光)の効果の中でAmbient Occlusion(環境遮蔽)という
ききなれない用語が出てくるが、大域照明の中での物体の陰影が綺麗に表現されている
ものと私は理解してます。簡単に言うとこれを使えば深みのある作品になる。

まずはambience light1灯のみ、デフォルトの設定になります。
いつもは何もいじることなくアドバンススポットライトを追加して
レンダリングしますが、今回はambience light1灯のみで
パラメータでどのような効果になるのかを検証してみます。


lightタブのfall off blendの設定を50から100%に上げる
影の境界部分が滑らかになるのと全体的にダークに締まる感じ。


lightタブのradiusを10から100%に上げてみた。
ハイライトはつぶされずしっかり残っていて影の部分は微妙に柔らかい
場所もあるということかな。



occlucionタブのao strengthの値を0と200%で比較
これはデフォルトの100%が良いです。


occlucionタブのao samplesの値をデフォルトの128と
倍の256での比較、やはり数値が高いほど質感が上がりますが
レンダリング時間も増えます。


occlucionタブのalternate ssamplesの値を16と128で比較
これも数値を上げるとコントラストがよくなる感じ。


occlucionタブのsubsurface samplesの値を16と128で比較
肌に光があたっている箇所が明るくなっているような感じがします。


本日は6項目検証してみたがこのライトは他のライトとの併用で
使う場面が多いと思いますので通常はデフォルトの設定で良いと思います。

Advanced DAZ Studio Light Bundle


本日のレンダリング
ambience light,distance lightの各1灯のみです。
JUGEMテーマ:3D CG





 


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

おすすめ

ブログランキング

アクセスランキング

Archive

Recommend