一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.08.04 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

私が作成したオリジナルフィギアのモーフを単一モーフとしてまとめてみたい
と思います。
まずは
オリジナルフィギアをOBJファイルで出力します。
出力前にRESOLUTION LEBELをBASEにしておきます。
これをしておかないと後のモーフローダーで読み込めません。



FILE>EXPORTでこの画面が立ちあがります。
今回は何もいじらないのでTO:をDAZ STUDIOの設定にします。
他は何もいじらずです。


オリジナルフィギアを削除し、GENENESIS2 FEMALEを呼び込んで
おきます。
モーフローダを立ち上げて
CHOOSE MORPH FILESから上記で保存したOBJファイルを
呼び込んでおきます。
画面の赤丸で囲んだ箇所のように設定します。
NAME:は自分が作成したオリジナルフィギア名です。
REVERSE DEFORMATIONSの設定をNOにしておくと
お腹やお尻のモーフの一部に変形がみられたので設定をYESにしました。


旨く取り込めたらMORPHSにモーフが追加されております。
そのスライダーを100%にします。


オリジナルフィギアになりました。


しかし、ポーズを変えた途端、化け物のような手足に
変形します。


上記の対処方法としてRIGGINGの調整をします。
RIGGING(ボーンを生成し、スケルトンを完成させ、ボーンを動かすことで
キャラクターに動作をさせられるようにするプロセス)
まずは、JOINT EDITORに切り替えてボーン(骨)を見てみますと
ボーンの位置がGENENESIS2 FEMALEのデフォルトの位置の
ままになっております。これが原因でポーズを変えると
おかしなことになってしまったのです。


ボーンをひとつ選択し右クリックからEDIT>ADUST RIGGING TO SHAPE
を選択します。


このような画面がたちあがりますがそのままACCEPTする。


ボーンがフィギアの体型に追従しました。


モーフを保存します。
FILE>SAVE AS>SUPPORT ASET>MORPH ASSETを選択する。


自分が作成したモーフ名をクリックするだけです。


ここで作成したフィギアは
FILE>SAVE AS>SCENE SUBSETに保存しました。
よく使うフィギアはすぐに立ち上がるようにしておくと便利です。
LIBRALYのSCENE SUBSETから先ほど保存したフィギアを選択し
右ボタンの一覧からCARETE CUSTOM ACTIONを選択する。


メニューのSCRIPTSの中にフィギアが追加されている
ここからフィギアを呼び出せば便利です。

以上でした。

V4&M4の服が最大8割引き中です。
これを購入しました、ベルトがカッコ良い理由で。
Pretty Party Dress


エリーに試着させました。
思ってたよりいい感じの仕上がりです。
JUGEMテーマ:3D CG



 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

おすすめ

ブログランキング

アクセスランキング

Archive

Recommend